-->

ベルマークの生い立ち

ベルマークって不思議な存在なんです。
ベルマークのことを知っているようで知らない。

で、ベルマークのことを自分なりにいろいろと調べてみました。

ベルマーク画像23

■ベルマークの生い立ち

ベルマークの生い立ちは1957年に福島県のある教諭が朝日新聞社に『へき地などでも等しい義務教育が受けられるように教材や備品を提供して欲しい』と支援を依頼したことから始まったそうです。

そして1960年10月に文部科学省の認可を得て「教育設備助成会」(現・ベルマーク教育助成財団)が設立されました。
その設立の中心的な役割を担ったのが朝日新聞でした。

1997年6月には「教育設備助成会」から「ベルマーク教育助成財団」に改称し現在に至ります。

昔は地方の学校では教材備品などが行き届かない状態だったのですね。

義務教育だけに全国どこでも公平に教育を受ける設備を整えたいという先生の思いからベルマークが誕生したのでした。

良い話ですよね!

そんな子供を思う先生の気持ちを今も受け継いで、ベルマーク運動は半世紀近くも続けられてきたのです。

今は昔ほどは地域格差ってないのかもしれませんが、まだまだベルマークの必要性は高いと思います。

自分の小さな意識が子供達の教育設備を整える助けになると思うと、ついついベルマークを集めたくなってきます。

ベルマークの生い立ちはこんな過程で生まれてきたのでした。